2013年07月31日

タイでSRS?!

こんにちは!
ローゼスSRS事業部の山田です。
早いもので、明日からもう8月です!
ぼーっとしてたら、もうすぐ年末ですね。(笑)
8月と言えば、ローゼスは日曜日・お盆も休まず営業いたします。
ナベシャツブログのほうも、お休みなく更新していきます!
阿部がお休みの水・木に、SRSやタイ・ネタをメインに
山田が更新していきたいと思いま〜す!よろしくお願いします!

さて、実は先日、嬉しい再会がありました!
6月にローゼスが開催した福島での勉強会に参加してくださった方が、
無料相談に、遠方よりわざわざ来社してくださいました。^^
久しぶりの再会に、話が盛り上がりました!!
そして、新潟限定のお土産までいただいてしまいました。
おいしかったです♪ごちそうさまでした!!
null

8月はもちろんSRS無料相談のほうも、
日曜・お盆、休まず受け付けておりますので、
みなさん是非いらしてくださいね〜♪

さて、ローゼスでは、タイでのSRS(性別適合手術)を扱っていますが、
今日は、SRSに関する記事ということで、
「なぜタイなの?!」というところから書いてみたいと思います!

山田が始めてタイに行ったのは、今から10年以上前のことでしたが、
セクシャル・マイノリティーが非常に多いことに
かなりの衝撃を受けたのを覚えています!

それもそのはず、タイでは、
20人に1人がトランスジェンダーと言われています!

なぜそんなに多いのか?!
それは・・・
@ザ・国民性
タイという国名は、『自由』を意味しているため、タイ人の気質はとってもおおらか。
Aマイペンライ(きにしないで)
タイ人が大好きなこの言葉が表すように、いろんな物事に対してとっても寛容。
B宗教
タイ人の約95%が仏教徒で、人の体は現世で生きるための単なる『借り物』
という考え方なので、気持ちが女性(男性)なのに、器である体が男(女)
として生まれてきたんだね、くらいの感覚。
C社会的立場
トランスジェンダーだからといって、職業の選択の幅が狭まらない。
山田が見てきた中でも、医師、看護師、一流企業、デパートの化粧品売り場、
などなど、本当に様々な分野で、偏見を受けることなく活躍している方が多いです!

そんなこんなで、
トランスジェンダーが多いから性転換の技術が発展したのか
性転換の技術が発展しているからトランスジェンダーが多いのか
は、不明ですが、
とにかく、タイの性転換技術は世界でもトップクラスです。
いまでは、世界中から性転換手術の希望者が訪れるほどです。

なるほど〜、だから、タイでSRS(性別適合手術)なのですね〜。

それでは、また明日♪

●バナークリックで直接サイトへとべます●
【全国どこでも参加費のみの出張gid勉強会】
20130729-bnr_2013gid.jpg

【ローゼスのSRS支援サイト】
20130723-bnr_srs.gif

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
posted by LAUXES(ローゼス)スタッフ at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | SRS